« 暇なんで | トップページ | コーンパ、コンパ。 »

まずは診断から。

ただいまぁ~!!

帰ってきたよん♪

超クタクタ・・・・

だけど、

書くよ!!

忘れないうちにね★

まずは

検診のこと。

30日に行って来たよ!

大学病院☆

到着早々

瞳孔を開く目薬を注されまくった。。

両目に入れたと思ったら

またすぐ呼ばれて

右目に再度。

「先生がすぐにお迎えにきますからね~」

と待合室で待たされる間にも

どんどん見えなくなってく・・・

やっと

先生らしき人に呼ばれたと思ったら

先生 「今日は右目だけ検査するんで。

もう一度目薬注しますね~」

え!?

まだ注すの??

しかも右目だけの検査なら

最初に左目注したの意味無いじゃん。。。

先生 「それでは移動しまーす。」

い・移動??

どこへ??

先生を筆頭に

うさこ・医学生らしき女子2名 で

別棟へ移動・・・

てか、

女子医学生の存在の意味が分からねえ。

なんのために居るんだ?

しかも

その医学生。

双子か!?

って思うくらい

身長も髪型もメガネもそっくり。

「私、医学生です!」

みたいな真面目オーラが

うさことは別世界の人間だということを物語ってる・・・

近寄ったらバカが移るとか思われそう。

さぞかし頭イイんだろうな。

彼氏は・・・いなそう。

いても多分、手しかつないでないだろうな。

移動中、彼女らを見ながら勝手に想像してた。

到着したところは

暗室。

耳に電極を付けられるうさこ。

「細胞の反応見ますからね~」

と先生。

電極つけて軽く説明を受けたあとは

本当に真っ暗な部屋に

20分間、放置プレイ。

めっさ、怖いし!!

先生&学生はさっさと別室へ。

おーい。

何も見えねーーーーーー。

にしても

20分一人でいるって

かなりヒマなのよ。

で、

うさこがしたこと。

それは

ザンゲ。

今までしてきた悪いことの数々を

ランキング形式で

振り返ってみました。

意外に

2,3分で終了してしまい、

断念。

次に

今食べたいものランキング。

会いたい人ランキング。

イイ人ランキング。

などなど。

してみましたが

結構つまんなかった。

そんなこんなで

20分。

やっと先生&女子が戻ってきて

「じゃ、麻酔しますねー。」

ま 麻酔???

麻酔するってことは

何か痛~いことをするtってことだよね。。

右目に麻酔を注され

「じゃ、コンタクトはめまーす。」

な~んだ☆

コンタクト。

そんなもん入れるために麻酔しなくていいのに。

って思った私が甘かった。

先生 「じゃ、ちょっと眼球押される感じがしますよ~」

うさこ 「は~い」(満面の笑みで)

・・・・・・

先生の指がうさこの目に近づいたと思った瞬間

「痛い!」

痛い痛い痛い痛い痛い痛いーーーー!!!!

超ーーーーーーーーいたーーーーーい!!!!

あまりの痛さに

気を失いかけたよ。マジで。

あんまり痛がるから先生も

コンタクトを入れるのを一時休止。

どんな感じの痛さかっていうと、

目の中に素手をグーッと入れられた感じ。

超ー痛いよ。

入れないと検査できないので

再度。

チャレンジ。

だけど、

また。

「痛い!痛い!痛い!痛い!」(絶叫)

失敗。。。。。

あんなに痛いの生まれて初めて。

すっかり恐怖心がついてしまい、

出来ることなら

走って逃げたかった・・・・

先生 「じゃぁ、もう一回り小さなのにしましょうか」

・・・・・・

最初からそーしてよ。。。。

・・・・・・

3回目でやっと装着。

装着しても痛みは続き、

先生 「まばたきしないで下さいね~」

うさこ 「痛すぎでできません。」(泣きながら)

涙と麻酔が混じって

ベタベタの涙でした。。。

そしてやっと

検査開始!

バシッ! バシッ!

とフラッシュを当てて

反応を見るんだって。

3分くらいで終わった。

やっと

外してもらえる★

と思ったら

先生 「次、明るいところの反応も見るんでそのままで待機。」

ええええええええええーーーー!

そして

またまた

放置プレイ。

10分間です。

さすがにランキングする元気も失せ

ひたすらボーっとしてた。

検査終了後

「痛かったですか?」

と聞かれ

「ぶちギレるかと思いました。」

と うさこ。

だって、

すっごーーーーーく

痛かったんだもん。

元の眼科外来に戻ると

すぐに

主治医の先生に呼ばれ

ドキドキの結果発表★

「錐体カン体ジストロフィですね。」

 とのことでした。

明るい所を担当する細胞と

暗い所を担当する細胞が

悪いんだってさ。

・進行はゆっくり。

・珍しい病気ではない。

・治療法はなし。

・薬もなし。

・見えにくくなるが、失明の可能性は低い。

とのことです。

健康な食事を心がけること!

と言われました。

やっぱり

栄養つけなくちゃね。。。

|

« 暇なんで | トップページ | コーンパ、コンパ。 »

コメント

こんばんわ!過去ログを見ていて、大爆笑してしまいました。
「放置プレイ」に。。Good Name(^^♪
あ、うさこさんは、すごーーーく、痛かったんですよね。
すいません、。m(__)m
私も「放置プレイ」経験しましたよ。
ただし2セット分・・延べ1時間超え。(ーー;)。。
直径2cm近くあるソフトコンタクト(+コード付き)を入れた姿は、個人的に写真にとっておきたかった。と思います。殆どオカルト状態。他の検査では「血管造影での眼底検査」・・私はこれが拷問でした。あけた眼に強力なライトを当てて眼底写真を撮るやる。医者はFRGと呼んでました。因みに、「放置プレイし」はERGでした。あと、視野検査(ハンフリー)・・・検査技師さんは「これが一番つらいかも」といってましたが、全然大丈夫でした。顔と目線を固定して、視野内でランダムにライトが光ったら、手元のボタンを押す。・・調子にのって、押しすぎたり。
最後は、色盲(死語)検査。今では色覚異常というそうですが。
それにしても眼科の検査は時間がかかりますね。
長いコメントになってしまいました。m(__)m
うさこさんは、明日引越しですよね。で、あさって?入学式。
新生活のはじまりです。
期待と不安、色々混じった状態だと思いますが、同級生も同じ気持ちです。すばらしい学校生活をおくって下さい。
来年or再来年、盲学校入学予定者の私にとっては、うさこさんの学校生活を。このブログで楽しみにしてます。

投稿: たけし | 2007年4月 4日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111740/3289672

この記事へのトラックバック一覧です: まずは診断から。:

« 暇なんで | トップページ | コーンパ、コンパ。 »